トップリーグ2017-18

勝敗表2017年12月10日 現在

レッド・カンファレンス
順位 チーム 勝点 試合 勝数 分数 負数 得点 失点 点差
1 サントリー 47 11 10 0 1 59 38 398 149 249
2 トヨタ自動車 38 11 8 0 3 44 31 333 240 93
3 神戸製鋼 36 11 7 1 3 45 32 313 234 79
4 東 芝 33 11 7 0 4 37 26 270 250 20
5 NTTコム 29 11 6 1 4 37 24 278 232 46
6 クボタ 18 11 4 0 7 39 30 270 379 -109
7 NTTドコモ 17 11 4 0 7 29 22 237 370 -133
8 近 鉄 13 11 3 0 8 19 16 163 294 -131
ホワイト・カンファレンス
順位 チーム 勝点 試合 勝数 分数 負数 得点 失点 点差
1 パナソニック 54 11 11 0 0 66 51 486 116 370
2 ヤマハ発動機 41 11 8 0 3 56 46 381 183 198
3 リコー 39 11 8 0 3 35 19 267 165 102
4 NEC 21 11 5 0 6 28 21 212 287 -75
5 キヤノン 19 11 4 0 7 27 20 202 334 -132
6 豊田自動織機 7 11 1 0 10 28 21 212 309 -97
7 サニックス 7 11 1 0 10 24 16 185 335 -150
8 コカ・コーラ 2 11 0 0 11 27 17 178 508 -330
順位決定方式
 リーグ戦の順位決定は勝ち点制で、勝ち:4点、引き分け:2点、負け:0点。さらに7点差以内の負けに1点、勝敗に関係なく相手より3トライ差以上獲得で1点のボーナス勝ち点がつく。
 勝ち点が同数の場合は(1)全試合を通じて勝利数が多いチーム(2)全試合を通じて得失点差が多いチーム(3)直接対決で勝ち点が多いチーム(4)当該チームの対戦による得失点差が多いチーム(5)全試合を通じてトライ数が多いチーム(6)全試合を通じてトライ後のゴール数が多いチーム(7)抽選の順で順位を決める。
 各組上位2チームは日本選手権を兼ねる優勝をかけた決勝トーナメントを戦い、各組3、4位は5〜8位決定トーナメント、同5、6位は9〜12位決定トーナメント、同7、8位は13〜16位決定トーナメントにそれぞれ進む。