2018.6.14 05:00

【絆トーク】右半月板の手術で調整中のCTB・立川、春の最終戦で完全復活目指す

【絆トーク】

右半月板の手術で調整中のCTB・立川、春の最終戦で完全復活目指す

 9日に行われたイタリア戦を34-17と快勝したラグビー日本代表。練習でも選手の笑顔や笑い声が見られるが、黙々と調整を続けているのがCTB立川理道(28)=クボタ=だ。

 「みんな、すごくいいプレーをしていた。チームの成長を感じます」

 代表でもリーダー格だが、3月に右半月板の手術をして調整中。サンウルブズでは復帰を果たし「今はしっかり準備する段階です」。チームが連係やコンビネーションを重視するため、16日の第2戦も出場は微妙だが前を向く。

 個人としてターゲットを置くのは、25日のジョージア戦。春の最終戦で完全復活を遂げて、来年のW杯へ向けたスタートラインに立つ。 (ラグビー担当・吉田宏)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【絆トーク】右半月板の手術で調整中のCTB・立川、春の最終戦で完全復活目指す