2018.5.16 05:02

釜石SW、8・19ヤマハと記念試合 釜石新スタジアムのオープンイベント

釜石SW、8・19ヤマハと記念試合 釜石新スタジアムのオープンイベント

釜石復興スタジアムの開幕イベント会見に参加したヤマハ発動機のFB五郎丸歩(左)、NO・8堀江恭介主将(中央)、清宮克幸監督(右)。こけら落しの試合で、釜石、そして東北のファンにエールをおくる

釜石復興スタジアムの開幕イベント会見に参加したヤマハ発動機のFB五郎丸歩(左)、NO・8堀江恭介主将(中央)、清宮克幸監督(右)。こけら落しの試合で、釜石、そして東北のファンにエールをおくる【拡大】

 来年日本で開催されるラグビーW杯の試合会場で、唯一新設される釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム(岩手・釜石市)のオープニングイベント会見が15日、東京都内で行われ、8月19日に地元の釜石シーウェイブス(SW)がヤマハ発動機と記念試合を行うと発表した。

 ヤマハ発動機は東日本大震災から3カ月後の2011年6月に釜石市で釜石SWと試合を行い、今回の招待を受けた。会見に参加したヤマハ発動機のFB五郎丸歩(32)は「(11年は)1500人を超えるファンが大漁旗を振って応援していた。ファンの方々に恩返しができるように、いい試合をやりたい」と思いを語った。

 清宮克幸監督(50)も「招待されたことは使命だと感じている。素晴らしいものにしたい」と話した。

  • 記者会見で意気込みを語るヤマハ発動機・五郎丸=東京都千代田区
  • 記者会見で意気込みを語る釜石SW・小野主将=東京都千代田区
  • ポーズをとるヤマハ発動機・五郎丸(左端)と釜石SW・小野主将(右端)ら。右から3人目は岩手県釜石市の野田市長=東京都千代田区
  • 記者発表で釜石SWの前身、新日鉄釜石の赤いジャージーがモデルだったというヤマハ発動機の初代ジャージーを披露した清宮監督(中央)=東京都千代田区(撮影・奥村信哉)
  • 大漁旗とともに8月19日の記念試合開催を発表する釜石SW・桜庭GM兼監督(2列目右)、ヤマハ発動機・清宮監督(同左)ら=東京都千代田区(撮影・奥村信哉)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 釜石SW、8・19ヤマハと記念試合 釜石新スタジアムのオープンイベント