2018.5.12 14:06

サンウルブズが今季初勝利!得点をチーム史上初の60点台に乗せる/SR

サンウルブズが今季初勝利!得点をチーム史上初の60点台に乗せる/SR

今季の国内最終戦で初勝利をあげ、スタンドの観客と共に記念撮影をするサンウルブズフィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

今季の国内最終戦で初勝利をあげ、スタンドの観客と共に記念撮影をするサンウルブズフィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)【拡大】

 スーパーラグビー(SR)で今季未勝利のサンウルブズが14日、東京・秩父宮ラグビー場でレッズ(豪州)と国内最終戦となる第10戦を行い、得点をチーム史上初の60点台に乗せる63-28で今季初勝利。1勝9敗の勝ち点6とした。レッズは4勝6敗の勝ち点17。

 先制したのはサンウルブズ。前半2分、7分と相手の反則でSOヘイデン・パーカーがPGに成功。6点をリードした。10分、レッズはラインアウトからのモールを押し込んでHOブレンダン・パエンガアモサがトライ。ゴールも決まり7-6と逆転した。

 サンウルブズは15分、パーカーが3本目のPGを決め9-7と再逆転。21分にはレッズが再びラインアウトモールを押し込み、サイドを突いたSHベン・ルーカスがトライ(ゴール)と戦況はめまぐるしく入れ替わる。

 9-14の28分、サンウルブズはパーカーが4本目のPGを決め、直後の30分にはLOグラント・ハッティングが待望のトライ。パーカーがゴールを決め、19-14と逆転した。さらに33分、FL姫野和樹が相手の鋭い当たりをはねのけて前進。CTBマイケル・リトルのオフロードパス(相手の背中越しに通すパス)を受けたパーカーがトライを奪い、自らゴールも決めて26-14とした。42分にパーカーが5本目のPGに成功。29-14で前半を折り返した。

 後半もサンウルブズが先手を取った。3分、パーカーが自ら受けたオブストラクション(妨害行為)の反則で6本目のPGに成功して32-14とリードを広げた。14分にはラックサイドを巧みに突いたWTBホセア・サウマキがトライ。左隅からの難しいゴールをパーカーが見事に決め、39-14。今季最多得点に達した。

 パーカーは21分に7本目のPGに成功。レッズも26分にNO・8のアンガス・スコットヤングがトライ(ゴール)を奪い、サンウルブズは42-21とリードを保つ。29分には相手パスをカットしたFBジェイソン・エメリーがゴール前で首にタックルを受け、ペナルティートライでさらに7点を加え、49得点と3年目でチーム史上最多得点もマークした。

 34分にレッズに1トライを返されたが、39分にサウマキがトライ(パーカーのゴール)。直後のキックオフからのラストプレーでサウマキがノーホイッスルトライを奪い、パーカーが難しいゴールを正確に決めて63-28と快勝した。

試合結果へ試合日程へメンバーへ

  • 今季の国内最終戦で初勝利をあげ、スタンドの観客と共に記念撮影をするサンウルブズフィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 今季の初勝利に笑顔を見せる流大(中央)らサンウルブズフィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • レッズに快勝し、今季初勝利を喜ぶ堀江(右から2人目)らサンウルブズフィフティーン=秩父宮
  • スタジアムを訪れたファンによる寄せ書きを送られたジェイミー・ジョセフHC(右)=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半突進し、トライを決めるサンウルブズのヘイデン・パーカー=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、ペナルティゴールを決めるサンウルブズのヘイデン・パーカー=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、自身3本目のトライを決めるサンウルブズのサウマキ=秩父宮
  • 前半、突進するサンウルブズ・福岡=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、サンウルブズ・リーチマイケル(左)に絡まれるレッズ・スミス=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、タックルするサンウルブズ・ラファエレティモシー(左)、浅原=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、トライを決めるサンウルブズ・サウマキ=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半インゴール直前、サンウルブズ・エメリー(右)に対してレッズ・パイアウアがハイタックルの反則。ペナルティトライが認められパイアウアはシンビンとなる=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. サンウルブズが今季初勝利!得点をチーム史上初の60点台に乗せる/SR