2018.5.7 05:02

明大、10T奪い東海大に快勝!矢野が4トライ/関東春季大会

明大、10T奪い東海大に快勝!矢野が4トライ/関東春季大会

後半、明大・矢野湧大がトライ=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

後半、明大・矢野湧大がトライ=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 ラグビー・関東大学春季大会(6日、秩父宮ラグビー場ほか)最上位のA組は明大が東海大から10トライを奪い、62-33で2戦全勝。WTB矢野湧大(3年)が4トライを決めるなどして東海大を圧倒した。初戦の東海大は黒星発進となった。

 元気のない東海大の守備網を、あっさり突破する。先週、帝京大に春季大会初の黒星をつけた明大が計10トライを浴びせ、東海大からこの大会4年ぶりの勝利を飾った。

 「フレッシュなメンバーの中で、経験のある選手が引っ張っていこうと思っていた。マインドで相手を上回った」

 胸を張るのは前半25分、SH福田健太主将(4年)の飛ばしパスを受け、3人のタックルを振りほどいて60メートルを走るなど、4トライを奪った矢野だ。

 ニュージーランド学生代表戦に出た関東学生代表の4人、U-20(20歳以下)日本代表合宿参加の5人が不在での快勝。「後半に交代した選手がエネルギーを与えられなかった」と厳しく見つめる福田も、「きょういなかった選手が戻ってくれば、争いがさらに激しくなる」。1996年度以来の大学日本一へ、重戦車軍団の春は活性化している。 (田中浩)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、突進する明大・山本耕生=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半、プレーする明大・飯沼蓮=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半、トライを決める明大・高橋汰地(15)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半、突進する明大・斉藤大朗=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半、トライを決める明大・斉藤大朗(13)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半、トライを決める明大・福田健太=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 明大、10T奪い東海大に快勝!矢野が4トライ/関東春季大会