2018.5.6 13:19

明大、東海大を62-33で下す CTB斉藤大朗の先制トライなど計10T/関東春季大会

明大、東海大を62-33で下す CTB斉藤大朗の先制トライなど計10T/関東春季大会

前半、トライを決める明大・斉藤大朗(13)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

前半、トライを決める明大・斉藤大朗(13)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 ラグビーの関東大学春季大会は6日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、最上位のA組の明大-東海大は計10トライを奪った明大が62-33で勝ち、2戦全勝とした。初戦の東海大は黒星発進となった。

 先週、帝京大に春季大会初黒星をつけた明大は前半4分、CTB斉藤大朗が先制トライを奪うと勢いに乗って8トライを奪取。50-7と大きくリードした。後半も3分に明大WTB矢野湧大がこの日4本目のトライを決め、55-7としたが、そこから東海大も4トライを返した。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、突進する明大・斉藤大朗=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半、トライを決める明大・高橋汰地(15)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半、トライを決める明大・福田健太=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半、トライを決める明大・矢野湧大=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 明大、東海大を62-33で下す CTB斉藤大朗の先制トライなど計10T/関東春季大会