2018.4.13 14:06

サンウルブズ前日練習、SO田村優「チャレンジする気持ちは変わらない」

サンウルブズ前日練習、SO田村優「チャレンジする気持ちは変わらない」

ダッシュする姫野和樹=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)

ダッシュする姫野和樹=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)【拡大】

 スーパーラグビー(SR)で今季開幕6連敗中の日本チーム、サンウルブズと24日に対戦する1勝5敗のブルース(ニュージーランド=NZ)の両チームが13日、試合会場の東京・秩父宮ラグビー場で前日練習のキャプテンズランを行った。

 昨年は酷暑の7月に秩父宮で、サンウルブズが48-21と快勝。午前中の練習前に取材に応じたブルースのタナ・ウマンガ・ヘッドコーチは「去年みたいなことがなければいいが」と笑わせ、「われわれのモチベーションも非常に高い。ここまで勝てていない要因はいくつかあるが、ポジティブな気持ちを持ち続け、自信を保つことが大事だ」と話した。

 昨年のサンウルブズ戦にも出場したHOジェームズ・パーソンズ主将は相手HO堀江翔太(パナソニック)について、「経験が豊かな中心選手。対戦してチャレンジするのが楽しみ」と闘志をのぞかせた。

 サンウルブズは午後に練習。練習後に会見したSO田村優(キヤノン)は「去年勝てたのは、いろいろなことが味方してああなっただけ。ブルースは能力が高いし、今年はアンラッキーで結果が出ていない。強いチームにチャレンジする気持ちは変わらない」。けがもあり3月10日のシャークス(南アフリカ)戦以来1カ月ぶりの先発で、ラインアウトで期待される身長2メートル1のLOグラント・ハッティング(神戸製鋼)は「ラインアウトはいいプランができていて、風が強くなければ(獲得率)100%にいくんじゃないか。全体的にはミスを減らすこと。初勝利をもぎ取りたい」と気合をこめた。

 2戦続けてNO・8での先発となった姫野和樹(トヨタ自動車)は「まずコンタクトの場面で勝たないといけない。一人一人の勝ちたいという思いが今週の練習のいい雰囲気につながった。勝たないとお客さんも楽しくないでしょうし」と必勝を期した。

  • 練習に臨むジョセフHC=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
  • 練習に臨むグラント・ハッティング=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
  • 2m超えの身長のグラント・ハッティング。右は田中史朗(右)=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
  • ブルーズのタナ・ウマガHC=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
  • ボールをもって突進するブルーズのアキラ・イオアネ(中)=秩父宮ラグビー場(撮影・今野顕)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. サンウルブズ前日練習、SO田村優「チャレンジする気持ちは変わらない」