2018.4.8 13:13

桐蔭学園、大阪桐蔭下し2年連続2度目のV 7Tで花園のリベンジ/高校選抜

桐蔭学園、大阪桐蔭下し2年連続2度目のV 7Tで花園のリベンジ/高校選抜

表彰状を笑顔で掲げる桐蔭学園SH小西泰聖主将(前列中央)ら選手たち

表彰状を笑顔で掲げる桐蔭学園SH小西泰聖主将(前列中央)ら選手たち【拡大】

 第19回全国高校選抜ラグビー最終日は8日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で決勝を行い、桐蔭学園(神奈川)が46-26で大阪桐蔭(大阪)を破り、2年連続2度目の優勝を果たした。

 桐蔭学園は強い風下の前半、大阪桐蔭に先制トライを許したが、SH小西泰聖主将(3年)の3トライなどで29-14とリード。後半にはPR鈴木康平(3年)が3トライを決め、計7トライを奪った。

 昨季の花園準決勝で7-12で敗れたリベンジも果たす白星に小西主将は、「自分がトライを取ってチームの流れをつくりたかった。そうなってよかった」と喜んだ。

  • 後半、大阪桐蔭神内で攻める桐蔭学園FB伊藤大祐(右から2人目)。右端はSH小西泰聖主将
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 桐蔭学園、大阪桐蔭下し2年連続2度目のV 7Tで花園のリベンジ/高校選抜