2018.2.14 04:00

サンウルブズ公式ガイドブック発売、ジョセフHCと池田純CBOの対談などを収録!

サンウルブズ公式ガイドブック発売、ジョセフHCと池田純CBOの対談などを収録!

サンウルブズ公式ガイドブック「Number PLUS ~狼の咆哮。~」の表紙

サンウルブズ公式ガイドブック「Number PLUS ~狼の咆哮。~」の表紙【拡大】

 スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの運営法人である一般社団法人ジャパンエスアールは14日、オフィシャルガイドブック『Number PLUS ~狼の咆哮。~』を発行し、2月20日から全国書店、コンビニ、国内主催試合開催時の秩父宮ラグビー場などで販売すると発表した。

 表紙にはNO・8のヴィリー・ブリッツ(NTTコム)、SH流大(サントリー)の両主将、FLリーチ・マイケル(東芝)、HO堀江翔太(パナソニック)が登場。全選手名鑑や観戦ガイドなど充実した内容になっている。

 昨年、運営法人のCBO(最高ブランド責任者)に就任したプロ野球DeNA前球団社長の池田純氏と、日本代表のヘッドコーチ(HC)も務めるサンウルブズのジェイミー・ジョセフHCのスペシャル対談も実現。試合の展望はもちろん、池田氏が提案する「青山ラグビーパーク化構想」にも話が及ぶなどラグビーファン、スポーツファン必見の内容となっている。

 また「Number」本誌では3月29日発売の949号からサンウルブズの南アフリカ、ニュージーランド、豪州遠征に密着した連載(全4回)もスタートする。

 池田CBOは「サンウルブズには、『スーパーラグビー』という野球で言えば米大リーグに日本のチームがいるようなすごさがあります。そのすごさがラグビーファンを超えて、いかに伝わっていくか。ラグビーファンを超えて、多くの人が青山にある秩父宮スタジアムに集まるようになるためには、ラグビーをきっかけに人が集い、ビールとパブ文化を楽しみ、試合だけではなくスタジアムの時間を楽しめるように、『ボールパーク』のような『ラグビーパーク』になれるかが肝です。2019年W杯を超えてもラグビーの景色が変わり続けるられるかどうかの鍵を、伝え続けていただける貴重さを、多くの方々に感じてもらいたいです」とコメントした。

 ★概要

 【販売価格】1000円(税込み)。

 【発売日】2月20日(火)。

 【体裁】A4変型・無線とじ。全84ページ。

 【販路】全国書店、コンビニエンスストア、サンウルブズの国内主催試合開催時の秩父宮ラグビー場、WEB

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. サンウルブズ公式ガイドブック発売、ジョセフHCと池田純CBOの対談などを収録!