2018.1.9 05:01

【東海大仰星フィフティーン歓喜の声】LO河野「チーム一丸というのが1番だった」

【東海大仰星フィフティーン歓喜の声】

LO河野「チーム一丸というのが1番だった」

2大会ぶりの優勝に歓喜の東海大仰星フィフティーン。日本一の笑顔だ(撮影・甘利慈)

2大会ぶりの優勝に歓喜の東海大仰星フィフティーン。日本一の笑顔だ(撮影・甘利慈)【拡大】

 第97回全国高校ラグビー決勝(8日、東海大仰星27-20大阪桐蔭、花園I)19大会ぶりに実現した“大阪決戦”は、東海大仰星(大阪第2)が大阪桐蔭(大阪第1)を27-20で下し、2大会ぶり5度目の全国制覇を果たした。

CTB長田智希主将(3年)「日本一になるために全員が意識して練習してきた。キャプテンという経験をさせてもらえてうれしかった」

LO河野晶大(3年)「うれしいです。チーム一丸というのが1番だった」

FL魚谷勇波(3年)「前半はミスを重ねたが、後半思い切って攻めていけたことが勝ちにつながった」

NO・8檜垣大宇(3年)「後半切り替えて立て直していこうと話していた。自分たちの時間がくると思って信じてやっていた」

SH松木勇斗(3年)「相手のディフェンスどうこうより、自分たちのラグビーをして、練習してきたことがやりきれた」

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝校へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 高校ラグビー
  4. 【東海大仰星フィフティーン歓喜の声】LO河野「チーム一丸というのが1番だった」