2018.1.2 14:40

【指揮官一問一答】明大・丹羽監督「メイジの原点、前に出るということがしっかりできた」

【指揮官一問一答】

明大・丹羽監督「メイジの原点、前に出るということがしっかりできた」

後半、耳から血を流しながらも突進し、トライを決める明大・梶村=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

後半、耳から血を流しながらも突進し、トライを決める明大・梶村=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)【拡大】

 ラグビーの全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝が行われ、1996年度以来の優勝を狙う明大(関東対抗戦2位)が、関東リーグ戦を制した大東大に43-21で逆転勝ち。7日の決勝(秩父宮)に進んだ。明大の決勝進出は準優勝した98年度以来、19季ぶり。明大の丹羽監督は試合後のNHKのインタビューで選手をたたえ、大学チャンピオンを目指すと宣言した。

 ――前半は我慢して、後半に一気に畳みかける展開でした

 「(前半は)風上で大東大さんがエリアを取りにきて、うちはペナルティーが多く、そこで向こうのペースになりました。けっこう我慢してプレーしてくれたので、点数は1トライ差でした。後半盛り返すことができました。みんなよくアタックしてくれた」

 ――相手の強力なディフェンスをこじあけられた要因は

 「向こうはシャローで出てくるところもあったんですけど、そこに対してダイレクトなところで前に出ていって、ボールを継続しながら我慢してプレーしたのが最終的にスコアがついたのかな」

 ――ディフェンスはいかがですか

 「メイジの原点、前に出るということがしっかりできた。アタックもディフェンスもそれができたので、相手にプレッシャーがかかったのかなと思います」

 ――19季ぶりに決勝

 「大学チャンピンになるために準備してきました。部員が一生懸命やってきたシーズン。最後までチャレンジして、大学チャンピオンになりたいと思います。テレビをごらんの皆さん、1月7日は絶対に優勝したいので、メイジファンの方は秩父宮に来ていただいて、紫紺の色でスタンドを染めたいと思いますので、よろしくお願いします」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 後半、突進する明大・高橋=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 試合に勝利し喜びを爆発させる明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 勝利に歓喜する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 試合に勝利し喜びを爆発させる明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 敗北にうなだれる大東大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半トライを決める明大・梶村=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【指揮官一問一答】明大・丹羽監督「メイジの原点、前に出るということがしっかりできた」