2017.12.4 17:32

【参入3年目コメント集】サンウルブズ・山田「トップ5は十分可能性のある目標」/SR

【参入3年目コメント集】

サンウルブズ・山田「トップ5は十分可能性のある目標」/SR

記者会見で質問に答えるサンウルブズのジョセフ・ヘッドコーチ=4日、東京都内のホテル

記者会見で質問に答えるサンウルブズのジョセフ・ヘッドコーチ=4日、東京都内のホテル【拡大】

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは4日、参入3年目となる2018年シーズンの所属選手26人を発表し、昨季までSRの海外チームでプレーした日本代表主将のフランカー、リーチ(東芝)が初めて加入した。WTB山田(パナソニック)は2季ぶりに復帰する。

 新加入のロック姫野(トヨタ自動車)WTBレメキ(ホンダ)ら日本代表経験を持つ選手が16人選出されたほか、ジョージア代表のフッカー、ブレグバゼも入った。18年から日本代表と指揮官を兼任するジョセフ・ヘッドコーチは「過去に比べて強い顔ぶれを選ぶことができた。トップ5が達成すべきゴール」と目標を掲げた。今後追加メンバーも発表する。

 18年のSRは来年2月17日に開幕。サンウルブズは24日に初戦を迎え、東京・秩父宮ラグビー場でブランビーズ(オーストラリア)と対戦する。

ジョセフ・ヘッドコーチの話「過去にけがや疲労面で苦労するのを見て、勝つためにはもっと強い顔ぶれが必要と感じた。強化が必要なのはセットプレーと防御。サンウルブズを率いることを待ち遠しく思う」

渡瀬裕司・サンウルブズ運営会社最高経営責任者の話「ジェイミー(ジョセフ・ヘッドコーチ)がしっかりチームづくりをしてくれると思う。3年目は勝負のシーズン。一つでも多く勝つために、競技場を満員にするために組織として取り組んでいきたい」

堀江翔太の話「3年目は大きく飛躍しないといけない。チーム全体が同じ方向を見られるようにしたい。トップ5は簡単ではないが、目指せるように練習していきたい」

山田章仁の話「(トップ5は)十分可能性のある目標。(自身のトライは)一つでも多く取ってチームのために頑張る。2桁は取りたい。会場とチームが一体になるようなプレーをしたい」

稲垣啓太の話「来年こそしっかり結果を出せるようにしたい。スタッフが代表とリンクしているのは大きな変化。(トップ5は)難しい目標設定だが、言ってしまったので僕らはやるしかない」

試合日程へメンバーへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【参入3年目コメント集】サンウルブズ・山田「トップ5は十分可能性のある目標」/SR