2017.11.26 07:08

ジョセフJは大善戦ドロー 格上フランス相手に23-23

ジョセフJは大善戦ドロー 格上フランス相手に23-23

前半、トライを決める堀江=パリ(共同)

前半、トライを決める堀江=パリ(共同)【拡大】

 日本代表は25日(日本時間26日)にパリ近郊ナンテールでフランス代表と対戦。23-23で引き分けた。

 アウェーで桜の戦士が連続攻撃を仕掛けた。日本は前半4分、相手の反則からSO田村がPGを決め、3点を先制。同13分にフランスにPGを決められたが、試合を優位に進めた。

 日本は同26分、HO堀江がゴールライン左隅にトライを奪い、ガッツポーズ。8-3とした。世界ランキングでは日本の11位を上回る8位のフランス。前半29分にPGを決める。さらに39分にもトライを決め、コンバージョンも成功。日本は前半を8-13で折り返した。

 日本は後半1分、自陣から攻め、最後はゴールライン左中間へ走りこんだCTBラファエラが同点トライ。田村がコンバージョンを決め、15-13と逆転した。同8分、フランスはトライを決め、コンバージョンも成功。日本は同23分、田村がPGを決め、18-20とした。同27分にフランスがPGを決め、再び5点差となった。

 日本は後半32分、ゴールラインでの密集からPRヴァル アサエリ愛がトライを奪い、同点。田村はコンバージョンを失敗したが、敵地は思わぬ展開に静まり返った。その後も日本はボールを支配。歴史的勝利は奪えなかったが、大善戦だった。

 日本はW杯準優勝3度のフランスに過去9戦全敗だったが、初めて引き分けた。

試合日程へ代表メンバーへ

  • 前半、突進するリーチ=パリ(共同)
  • 前半、突進する福岡=パリ(共同)
  • 前半、トライを決め喜ぶ堀江(右端)=パリ(共同)
  • 前半、トライを決めガッツポーズする堀江=パリ(共同)
  • 前半、突進を阻むレメキ=パリ(共同)
  • フランスと引き分け、観客の声援に応える日本フィフティーン=パリ(共同)
  • フランスと引き分け、引き揚げる日本フィフティーン=パリ(共同)
  • 後半、突進する姫野=パリ(共同)
  • 後半、タックルするリーチ=パリ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. ジョセフJは大善戦ドロー 格上フランス相手に23-23