2017.11.3 18:12

日本、豪州戦向け調整 主将のリーチ「成長できている」

日本、豪州戦向け調整 主将のリーチ「成長できている」

ダッシュするリーチマイケル(左2人目)ら日本代表フィフティーン=日産スタジアム(撮影・山田俊介)

ダッシュするリーチマイケル(左2人目)ら日本代表フィフティーン=日産スタジアム(撮影・山田俊介)【拡大】

 ラグビーの日本代表は4日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の決勝の舞台となる横浜・日産スタジアムで、秋シーズン最初のテストマッチでオーストラリア代表と対戦する。3日は試合会場で約1時間の調整。課題の防御面についてフランカーのリーチ主将(東芝)は「一回一回のセッションで成長できている」と自信を見せた。

 世界ランキング11位の日本は、27-47で完敗した10月28日の世界選抜戦で不在だったフッカー堀江(パナソニック)、CTB立川(クボタ)、FB松島(サントリー)ら主力が復帰。初キャップとなる姫野(トヨタ自動車)ら経験の浅い選手もいるが、チーム力は上がった。

 だが、世界3位のオーストラリアは、10月にW杯2連覇中のニュージーランドを破った一戦から先発を3人代えただけの強力布陣で臨む。リーチは「(相手は)強いメンバーがそろっている。ボール争奪戦が鍵になる」と気を引き締めた。

試合日程へ代表メンバーへ

  • 豪州戦に向け調整する(左から)田中、堀江、リーチら日本代表=日産スタジアム
  • 練習するマイケル・フーパー(左3人目)ら豪州代表フィフティーン=日産スタジアム(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 日本、豪州戦向け調整 主将のリーチ「成長できている」