2017.10.29 16:11

東海大が中大を54-0で下す 計8トライで地力の差を見せつける/関東リーグ戦

東海大が中大を54-0で下す 計8トライで地力の差を見せつける/関東リーグ戦

後半、トライを決める東海大のテビタ・タタフ=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

後半、トライを決める東海大のテビタ・タタフ=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)【拡大】

 関東大学ラグビー・リーグ戦は29日、東京・秩父宮ラグビー場で2試合が行われ、3連覇を狙う東海大は中大を54-0で下し、5戦全勝とした。中大は3勝2敗。

 強い雨が降り続く中、グラウンドコンディションはさらに悪化。互いに展開戦は難しく、東海大は前半13分、モールを押し込んでLO西川壮一が先制トライ。23分にもラインアウトからのモールでLO川瀬大輝がトライをあげた。ともにSO金典弘がゴールを決めて14-0として前半を終えた。

 後半も2分に川瀬が中央にトライ(金ゴール)を奪い、21-0と差を広げた。14分には中大ボールのスクラムを押してターンオーバー(相手ボールの奪取)。そこからタテにつないでNO・8テビタ・タタフがトライして5点を追加。さらに18分、モールを押し込み抜け出したタタフがトライ(金ゴール)とたたみかけた。

 東海大は攻撃の手を緩めない。30分には西川が中央にトライを決め、FBモリキ・リードのゴールで40-0まで差を広げた。35分にはラックから大きく右に振り、リードが中央トライ&ゴール。終了間際にも自陣深くでのターンオーバーからつなぎ、最後はPR津志田卓哉がトライ(リードがゴール)と、計8トライで地力の差を見せつけた。

  • 前半、空中で接触する中大・牧野真也(左)と東海大・斎藤浩太=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 東海大が中大を54-0で下す 計8トライで地力の差を見せつける/関東リーグ戦