2017.10.28 13:19(1/2ページ)

慶大、4年ぶりに明大に勝利!28-26で破り4戦全勝/関東対抗戦

慶大、4年ぶりに明大に勝利!28-26で破り4戦全勝/関東対抗戦

後半、トライを決める慶大・辻雄康=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

後半、トライを決める慶大・辻雄康=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)【拡大】

 関東大学ラグビー対抗戦は28日、東京・秩父宮ラグビー場で3戦全勝の4校が激突。明大-慶大は28-26で慶大が勝ち、4戦全勝。明大は3勝1敗となった。慶大の明大戦勝利は2013年以来4年ぶり。

 前半開始のキックオフからターンオーバー(相手ボールの奪取)が続くなど、運動量が多く序盤の展開はめまぐるしく変わった。チャンスを生かしたのが明大。13分、中盤付近でのスクラムを押し、SH福田健太がタイミングよく右サイドを突破。つかまったがラックからFL前田剛につなぎ、CTB鶴田馨が鮮やかなカットインで抜いて中央トライ。SO忽那鐘太がゴールを決め、7点を先制した。

【続きを読む】

  • 後半、トライを決める慶大・辻雄康=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、コンバージョンゴールを決める慶大・古田=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、明大・渡部寛太にタックルする慶大・宮本恭右(上)、江崎真悟=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 勝利し喜ぶ慶大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 勝利し喜ぶ慶大フィフティーンと天を仰ぐ明大・鶴田馨=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 慶大に敗れ、がっかりの明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 慶大、4年ぶりに明大に勝利!28-26で破り4戦全勝/関東対抗戦