2017.10.11 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】明大の「ディシプリン」の高さが際立つ 反則少なく筑波大戦では32次攻撃でトライ

【ラグビーコラム】

明大の「ディシプリン」の高さが際立つ 反則少なく筑波大戦では32次攻撃でトライ

1日の筑波大戦でトライを決め、仲間の祝福を受ける明大・箸本龍雅(中央)

1日の筑波大戦でトライを決め、仲間の祝福を受ける明大・箸本龍雅(中央)【拡大】

 【ノーサイドの精神】ラグビーでよく「ディシプリン」という言葉を耳にするだろう。英語で書けば「discipline」。「規律、統制、克己、抑制、訓練」といった意味があるが、ラグビーでの定義は「(特に防御時において)反則をせずにプレーを続けること。または、自らのチームが決めたプラン通りに遂行し続けること」というものになるだろう。

 今季、このディシプリンで目立つのが明大だ。対抗戦で青学大、筑波大との2戦を終え、それぞれ108-7、68-28で勝利。特筆すべきはどちらも反則数がわずか1だったことだ。昨年の青学大戦の反則数が8、筑波大戦では7。対抗戦7試合の平均が8ちょうどなので、大幅な進歩といえる。

 攻撃面でも、筑波大戦の前半開始から4分49秒、後半開始から4分47秒、どちらも1度も笛が鳴らず、トライを取り切った。いわゆるノーホイッスルトライ。特に後半は32次攻撃の末に筑波大の堅守をこじあけた。当然、その間はノーミス。高い集中力とスキルがなければ、5分近くも攻撃を継続できない。

 LO古川満主将(4年)は「メイジらしくないですね」と冗談まじりの笑みを浮かべる。明大といえば豪快だが大ざっぱ、というのがざっくりしたイメージだろうが、「春からやってきたことの成果で、余裕を持ちながらプレーできている。悪いメイジらしさが出ていない」と自己評価する。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【ラグビーコラム】明大の「ディシプリン」の高さが際立つ 反則少なく筑波大戦では32次攻撃でトライ