2017.10.9 05:03

ヤマハ発動機が5勝目 20点差勝利も連係不足露呈/TL

ヤマハ発動機が5勝目 20点差勝利も連係不足露呈/TL

NEC-ヤマハ発動機 前半、トライを決めるヤマハ発動機・矢富=あきぎんスタジアム

NEC-ヤマハ発動機 前半、トライを決めるヤマハ発動機・矢富=あきぎんスタジアム【拡大】

 トップリーグ第7節最終日(8日、NEC15-35ヤマハ発動機、Aスタ)1試合が行われ、昨季2位のヤマハ発動機がNECに35-15で勝ち、5勝2敗とした。NECは3勝4敗となった。ヤマハ発動機はSH矢富勇毅(32)が前半5、40分にトライを挙げ14-3で折り返した。後半は先に得点を許したが、CTBマレ・サウ(29)の2トライなどで逃げ切った。

 20点差をつけての勝利も、攻撃がちぐはぐで不満のつのる内容。若手を試してチームに「挑戦」を課した清宮監督は「支えるはずのベテランが想定外のプレーを連発し、新しい選手を惑わせてしまった」と苦笑い。2年目の石塚を司令塔のSOでデビューさせたが、前半終了間際にはボールを持ちながら戸惑ってタックルを食らう場面も。指揮官は「パスする場面で走ったり蹴ったり…」と石塚を悩ませた周囲の連係不足を責めた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • NEC-ヤマハ発動機後半、タックルを振り切りトライを決めるヤマハ発動機・サウ=あきぎんスタジアム
  • NEC-ヤマハ発動機後半、ゴールキックを決めるヤマハ発動機・五郎丸=あきぎんスタジアム
  • 前半、突進するヤマハ発動機・大戸=あきぎんスタジアム
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. ヤマハ発動機が5勝目 20点差勝利も連係不足露呈/TL