2017.10.7 19:04

神戸製鋼・前川主将、手痛い1敗も「次に向けてしっかりいい準備したい」/TL

神戸製鋼・前川主将、手痛い1敗も「次に向けてしっかりいい準備したい」/TL

ハイパントのボールをキャッチする神鋼のアダム・アシュリークーパー=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(撮影・山田俊介)

ハイパントのボールをキャッチする神鋼のアダム・アシュリークーパー=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(撮影・山田俊介)【拡大】

 トップリーグ第7節第1日(7日、キヤノン31-26神戸製鋼、熊谷)前節はヤマハ発動機に38-19で勝った神戸製鋼が手痛い1敗を喫した。鍵となるSHエリス、SOイーリのハーフ団を故障で欠いて攻撃の連係が悪く、簡単に突破を許す場面も目立った。ここまで1勝だったキヤノンに対し、CTB山中は「自分たちで余裕を持ちすぎてしまったかもしれない」とうつむいた。

 5点をリードされて迎えた後半開始から日本代表経験のあるFW第1列3人を投入し、終盤も攻め続けたがあと一歩及ばなかった。14日のパナソニック戦を前につまずいた格好で、フランカー前川主将は「まだ1敗。次に向けてしっかりいい準備をしたい」と気持ちを切り替えた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 試合終了後、トップリーグ通算150試合出場を祝う花束を神鋼・伊藤鐘史から送られ、抱擁をかわすキヤノン・菊谷崇=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 神戸製鋼・前川主将、手痛い1敗も「次に向けてしっかりいい準備したい」/TL