2017.10.6 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】現代ラグビーは23人トータルの戦い

【乾坤一筆】

現代ラグビーは23人トータルの戦い

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
慶大の小宮山。途中出場の“役割”を理解している

慶大の小宮山。途中出場の“役割”を理解している【拡大】

 ラグビーは何人でやるスポーツ? 15人。正解ですが、それはグラウンドに立つ選手の数。公式試合では「リザーブ」と呼ばれる8人(高校は10人)の交代選手もいて、登録メンバーは23人だ。

 ラグビーは長く選手交代を認めないスポーツだった。負傷退場者が出ても、14人で戦わなければいけなかった。初めて交代が認められたのが1968年。国際試合に限り、負傷で続行不可能と医師が認めた場合に2人まで交代できるようになった。76年に全ての試合に適用されるようになり、交代できる人数は徐々に増え、96年に画期的な「戦術的入れ替え」が導入された。

 「リザーブ(reserve)」とは日本語でいえば「備え」「予備」という意味だが、この呼び方を今季の慶大は変えた。「ブースター(booster)」というのだ。「押し上げるもの」という意味で、ロケットの発射時に用いられる補助推進装置などで聞くことも多いだろう。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【乾坤一筆】現代ラグビーは23人トータルの戦い