2017.10.4 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】日本代表とサンウルブズの“一本化”が加速 一部で不安の声も2019年W杯へ進むしかない

【ラグビーコラム】

日本代表とサンウルブズの“一本化”が加速 一部で不安の声も2019年W杯へ進むしかない

特集:
ノーサイドの精神
ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ 

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ 【拡大】

 【ノーサイドの精神】日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、47)のサンウルブズHC就任会見が2日、東京都内で行われた。詳細は3日付サンケイスポーツでお伝えしたが、2019年W杯日本大会に向けて日本代表とサンウルブズの“一本化”が加速される期待が高まる半面、さまざまな、超えなくてはならないハードルもある。

 日本ラグビー協会やジョセフHCは以前から代表選手のサンウルブズ参加を求めてきた。サンウルブズを代表強化に活用するためには、当然のことだ。だが、一部の選手は不安を感じているのも事実だ。15年W杯に出場したあるメンバーは、先週末のトップリーグ公式戦後に「年齢的にも、代表とサンウルブズのフル参戦は難しい。所属チームでのシーズンの負担もある」と本音を漏らした。

 ジョセフ新HCは就任会見で「サンウルブズ参加は、代表に選ばれるための絶対条件ではない」と説明。選手個々の状況に応じた柔軟な対応を示唆したが、前出の選手は「もし、サンウルブズに参加しろというなら、(自分以外の)他の選手を探してほしい」と語っている。

 SR運営団体(SANZAR)では、昨季のサンウルブズの戦いぶりについて批判的な意見もあるという。日本代表の強化やコンディションを優先して、メンバーを大幅に入れ替えながらリーグ戦を続けたことによる戦力、組織力の低下などが問題視されたのだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】日本代表とサンウルブズの“一本化”が加速 一部で不安の声も2019年W杯へ進むしかない