2017.9.27 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】慶大FB丹治のイリュージョナルなステップは一見の価値あり 大学でアメフット部の門叩くも2年になった昨春に入部

【ラグビーコラム】

慶大FB丹治のイリュージョナルなステップは一見の価値あり 大学でアメフット部の門叩くも2年になった昨春に入部

特集:
ノーサイドの精神
24日の筑波大戦で後半、突進する慶大・丹治

24日の筑波大戦で後半、突進する慶大・丹治【拡大】

 【ノーサイドの精神】ボールを持てば、見る人をワクワクさせる選手がいる。日本代表でいえばパナソニックのWTB山田章仁、サントリーのFB松島幸太朗あたりが双璧だろう。パナソニックのWTB福岡堅樹の直線的なスピードも大いに魅力的だ。

 大学にもワクワク感を与えてくれる選手がいる。慶大FB丹治辰碩(たんじ・たつひろ、3年)。1メートル83、86キロとサイズもあるが、特徴的なのがイリュージョナルなステップ。相手が密集して抜けそうにないところを、ヒョイと抜いていくプレーは一見の価値がある。

 「なぜ抜けるのかと聞かれても正直、自分では分かりません。あまり考えたこともないですし。ただ、走るのは楽しいと思っています」

 小2から世田谷区ラグビースクールでラグビーを始め、慶応幼稚舎-慶応普通部-慶応高と進んだ生粋の慶応ボーイ。高3では花園に出場し、SOとして高校日本代表にも選ばれた(負傷で辞退)。本人はSOよりランニングスペースがあるFBに魅力を感じ、こだわりもあるという。

 相手の逆をつくステップに加え、相手のタックルが入ってくる瞬間、体勢を強くして逆にタックラーの弱そうな部分にコンタクトする、ように見える。体の使い方がうまいということなのだろう。だから抜ける。

 大学1年のときに、一時ラグビーから離れた。

 「高3の途中から、何か惰性でラグビーやっているな、という感じでした。大学に入ったら何か別のスポーツをやるか、留学するか」と考え、アメリカンフットボール部の門を叩いた。しかし、「ラグビーと比べると、動きが決まっていて面白くない」と感じ、夏には退部していた。それから英国へ1カ月の短期留学。ケンブリッジ大のコンバインドチームの一員で英国遠征した帝京大とも対戦した。

【続きを読む】

  • 24日の筑波大戦で鮮やかなランニングスキルを披露した慶大・丹治
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【ラグビーコラム】慶大FB丹治のイリュージョナルなステップは一見の価値あり 大学でアメフット部の門叩くも2年になった昨春に入部