2017.9.22 11:00(3/3ページ)

【二十歳のころ 吉田義人氏(4)】明大96人の思い乗せ雪辱Vトライ

【二十歳のころ 吉田義人氏(4)】

明大96人の思い乗せ雪辱Vトライ

特集:
二十歳のころ

 だから大学選手権での不安は全くなかった。決勝の相手として「ワセダ来い、ワセダ来い」とずっと願っていた。念願かなって早大と決勝で対戦して、後半26分の僕のトライが決勝点となって16-13で勝つことができた。でき過ぎだよね。あのときは、部員96人が取らせてくれたトライだと感じた。本当にありがたい仲間たちと出会うことができた。

 明大の北島忠治監督との出会いも、僕の人生にとって大きな出来事だった。入学直後から1軍で使ってもらったが、代表の合宿や海外遠征があると必ず行かせてくれた。チームを犠牲にしても、国際経験を身につけさせようとしたのだろう。教え子の成長を第一に考えてくれる、大きな人だった。

 二十歳のころを振り返ると、さまざまな出会いが僕を成長させてくれたといえる。明大の仲間たち、日本代表の宿沢広朗監督、恩師の北島監督…。いま二十歳のころを迎えている若い人たちにも、多くの出会いをしてほしい。人との出会い、そして大きな夢に挑戦しようとする姿勢が、必ず自分自身を成長させてくれるはずだ。 (おわり)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【二十歳のころ 吉田義人氏(4)】明大96人の思い乗せ雪辱Vトライ