2017.9.20 21:32

ラグビーTL、来季は短縮…代表優先の方針

ラグビーTL、来季は短縮…代表優先の方針

 日本ラグビー協会は20日、東京都内で理事会を開き、2018~19年シーズンはトップリーグ(TL)の日程を今季より短縮し、試合数も減らして開催する方針を決めた。19年ワールドカップ(W杯)日本大会に向けた日本代表強化を優先するためで、強化の柱とするスーパーラグビー、サンウルブズのシーズンに向けた準備期間をこれまでより長く確保する。

 TLは、今季から2シーズンはリーグ戦とその後のトーナメント戦を合わせて各チーム15試合を行うことを決めていたが、代表選手の体調管理などを考慮して変更。坂本典幸専務理事は「選手の負担が軽くなるように、19年の大会(W杯)にスムーズに入れるような形にしたい」と説明した。

 また、19~20年シーズンのTLはW杯終了後に開幕することも決めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. ラグビーTL、来季は短縮…代表優先の方針