2017.9.20 11:00(1/3ページ)

【二十歳のころ 吉田義人氏(2)】世界目指す転機になったイアンのタックル

【二十歳のころ 吉田義人氏(2)】

世界目指す転機になったイアンのタックル

特集:
二十歳のころ

 明大2年だった19歳のとき、日本代表入りして即レギュラーに選ばれた。二十歳のころはラグビー選手として順風満帆だったようにみえるかもしれないけど、実はさまざまな苦い記憶や学びがあった。

 中でも代表デビュー戦となった1988年10月のテストマッチ、オックスフォード大戦は挫折と驚きの試合だった。強豪校で、87年の第1回W杯で主将代行としてオールブラックス(ニュージーランド代表)を優勝に導いたスクラムハーフのデビッド・カークらがいた。僕のトイメン(相対するウイング)はイアン・ウィリアムズだった。

 彼はその後、神戸製鋼に入り、快足を武器に黄金時代を支えた。当時はバリバリの豪州代表だ。そんな相手でも、僕は自信満々だった。すでに7人制代表で国際大会も経験して、スピードには手応えを感じていた。相手の防御ラインの裏でボールをもらったら、絶対トライに持っていけた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【二十歳のころ 吉田義人氏(2)】世界目指す転機になったイアンのタックル