2017.9.9 05:02

東海大、リーグ戦V3へ原点回帰 「迷い」から脱却し圧力意識

東海大、リーグ戦V3へ原点回帰 「迷い」から脱却し圧力意識

 関東大学ラグビーのリーグ戦が10日に開幕する。リーグ戦V2王者・東海大が「迷い」から脱した。今年8月に北海道・網走で慶大に24-35で敗れた夜、選手たちは4時間に及ぶミーティングを開いた。「複数のオプションの中からの判断という、難しいことにチャレンジしている」(木村監督)ことで、チーム本来の強みであるセットプレーや、密集戦での圧力の意識が足りなかった。“原点”に立ち返り、17日の日大戦(キヤノン)からV3へ動き出す。

★リーグ戦展望

 3季連続優勝を狙う東海大はこの夏、チームに迷いが生じたようで慶大、明大に敗れた。FWで圧倒することに立ち返り、菅平最後の天理大戦では45-14と快勝。原点を再確認してシーズンに入れそうだ。昨季東海大を破っている流通経大は看板の“ダイナミックラグビー”に磨きをかけ、3季ぶりの優勝を目指す。大東大は120キロを超える両PRら、久々に大型FWが威力を発揮しそう。中大、法大は伝統の守備力で上位争いに食い込みたい。

リーグ戦の順位決定方法

 全試合の勝ち点の合計で決定。勝ち点は勝ち=4、引き分け=2、負け=1、棄権=0。勝ち点が2校並んだ場合は(1)当該対戦の勝者(2)当該対戦でのトライ数(3)全試合の総得失点差(4)全試合のトライ数-の順序で決める。3校以上の勝ち点が並んだときは当該校間の勝ち点で決定。その過程で2校が並んだ場合はその当該対戦の勝者-などで決める。

試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 東海大、リーグ戦V3へ原点回帰 「迷い」から脱却し圧力意識