2017.8.23 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】大善戦だったトップリーグ第1節の集客数 W杯開幕まで2年という機運と地道なサービスが客足に反映

【ラグビーコラム】

大善戦だったトップリーグ第1節の集客数 W杯開幕まで2年という機運と地道なサービスが客足に反映

特集:
ノーサイドの精神
8月18日キヤノン対サントリー、秩父宮ラグビー場に多くの観客が詰めかけた

8月18日キヤノン対サントリー、秩父宮ラグビー場に多くの観客が詰めかけた【拡大】

 【ノーサイドの精神】ラグビーのトップリーグ(TL)は18-20日に第1節を終了。真夏の開催、リーグ参画企業の夏季休暇などの条件のもとで、観客総数は全8試合で、7万9169人。1会場平均は9521人と、過去のTL観客数と比べると大善戦といえる集客だった。

 Jリーグ、プロ野球には及ばないものの、昨季のTL開幕節は総数で4万2213人、1試合平均5276人。2倍近い観衆を集めたことになる。

 18日にトヨタ自動車-ヤマハ発動機が行われた豊田スタジアムでは、トヨタ本社と豊田市が積極的な動員を行うなど“企業努力”した結果、TL最多観衆を塗り替える2万7871人が集まった。もちろん2季ぶりにヤマハに復帰したFB五郎丸歩の先発出場も追い風となった。5000人以上が集まった試合は、昨季の4から7試合に跳ね上がった。

 この結果を現在精査している日本協会の第1節集客分析も注目だが、“大入り”の要因の一つは、2年後に迫るW杯だろう。会場となる豊田スタジアムなどはもちろん、それ以外の競技場でもW杯開幕まで2年という機運が、客足に反映されている。

 この集客増には協会、TL参画チーム、そして一人一人の選手の地道なサービスも貢献している。グリーティングタイムというイベントでは、試合後の選手がグラウンドを一周してスタンドのファンと握手、ハイタッチをしたり、記念撮影を実施。貸し出し料金100円でわかりやすい解説が聞ける場内FMラジオ、ベビーカー預り所やキッズルーム(託児サービス)も、いまや定番のサービス化している。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 【ラグビーコラム】大善戦だったトップリーグ第1節の集客数 W杯開幕まで2年という機運と地道なサービスが客足に反映