2017.7.26 12:00

【ラグビーコラム】真夏のトップリーグで番狂わせの予感 W杯使用球導入でノックオン増の雲行き

【ラグビーコラム】

真夏のトップリーグで番狂わせの予感 W杯使用球導入でノックオン増の雲行き

特集:
ノーサイドの精神
7月3日、ヤマハ発動機の練習でパスを繰り返す五郎丸

7月3日、ヤマハ発動機の練習でパスを繰り返す五郎丸【拡大】

 【ノーサイドの精神】ラグビー・トップリーグ(TL)は、来月17日に開幕する。サンウルブズの来季スーパーラグビーへの準備期間を確保するために、昨季より1週間早い真夏のキックオフとなった。

 今季は変則2グループ制という新しいフォーマットの導入や、サントリーに加入した豪州代表CTBマット・ギタウら世界クラスの外国人選手の加入など注目ポイントが多いはずだ。その中で、人知れず試合球も新しいものに変更される。

 従来使われていた試合球に代わり、今季からW杯使用球が導入される。6月のアイルランド戦などのテストマッチでも使われるものだが、TL首脳は「TLが世界基準のラグビーを目指すのだから当然の流れ。選手が日常的にテストマッチで使用されるボールになれる目的もある」と導入理由を説明。価格が1万円台後半と、従来のものよりも倍増したことで、1年遅れの導入となった。

 すでに15年W杯前には報道陣も触れる機会があったボールだが、改めて触ってみて感じる特徴がある。ボールが乾いた状態で持つと、従来のものよりグリップ感がある。その一方で、少しでもぬれてしまうと滑りやすい傾向があるようだ。従来のボールより若干“太め”の形も、ハンドリングに影響するだろう。

 先週、北海道網走市を中心に行われたTL各チームの夏合宿の練習試合でも、簡単なノックオンや相手とコンタクトした弾みでボールを落とすシーンが多発していた。昨季までも、開幕から数週間の高温多湿な環境では汗でボールが滑る場面が多かったが、真夏開催の今季は、このボールの影響もあり、さらに落球が増えそうな雲行きだ。

 各チームはシーズン終盤にピーキングを持っていく傾向があるため、序盤戦は戦術面でも完成度は低い。多くの代表、サンウルブズ参加選手のコンディショニングも万全とはいえないために、ラグビーでは少ない番狂わせが序盤に起こる可能性は低くないはずだ。

 ニューボールによるハンドリングの難しさが影響すれば、さらに予期せぬ結果が起こることもありそうだ。お盆、夏休みと、イベントの多い夏の盛りのキックオフ。思わぬサプライズをひそかに期待しながらのスタンド観戦も悪くない。

吉田 宏(よしだ・ひろし)

「吉田 宏」イメージ画像元号が平成に変わった年に入社して、1995年ラグビーW杯後からサッカー、野球担当を挟みながら現担当。“軟式ラグビー(自称)”出身で、こちらも自称の江戸川キャップ2を誇る。99年W杯の報道陣による南北半球決戦・プレスマッチで、なぜか南半球の一員で世界制覇を果たして現役を引退してからは、書き手専門で楕円(だえん)球を追う毎日。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. 【ラグビーコラム】真夏のトップリーグで番狂わせの予感 W杯使用球導入でノックオン増の雲行き