2017.7.15 19:10

ブルース、足止まり敗戦 パーソンズ主将は「暑さは言い訳にできない」/SR

ブルース、足止まり敗戦 パーソンズ主将は「暑さは言い訳にできない」/SR

サンウルブズに敗れ、引き揚げるブルースフィフティーン=秩父宮

サンウルブズに敗れ、引き揚げるブルースフィフティーン=秩父宮【拡大】

 スーパーラグビーの最終節最終日は15日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、日本チームのサンウルブズはブルース(ニュージーランド)に48-21で逆転勝ちし、参入2年目で初の2勝目を挙げた。チームはレギュラーシーズン全日程を終え、通算2勝13敗。ブルースは7勝1分け7敗。

 前半に3トライを挙げ、リードして折り返したブルースだが、逆転負けでシーズンを終えた。後半は足が止まってプレーが雑になり、ハンドリングエラーを連発。パーソンズ主将は「暑さはもちろん影響したが、2週間日本に滞在していたし言い訳にできない」と完敗を認めた。

 ニュージーランド勢5チームの中では最下位。ウマンガ監督は「成功しているチームは全試合ハードにやっていた。どんな状況でも変わらない戦いをしないと」と手厳しかった。

試合結果へ試合日程へメンバーへ

  • 後半、スパイクが脱げながらもトライを決める徳永祥尭=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半ウォーターブレイクでタオルを被って水を浴びるブルーズのオファ・トゥウンガファシ=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、トライを決め祝福を受ける茂野海人(21番)=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • ティモシー・ラファエレ(右)とタッチをかわすフィロ・ティアティアHC=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、ブルーズのサム・ノック(21番)のキックをチャージしトライするサンウルブズのティモシー・ラファエレ=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、スパイクが脱げながらもトライを決める徳永祥尭=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、キックチャージからのトライを決め茂野海人(左)とタッチをかわすティモシー・ラファエレ=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • スーパーラグビー100キャップを達成しスピーチするサム・ワイクス=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 炎が吹き上がる中、ピッチに入る田村優。文字通りの炎天下となる=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、突進するサンウルブズ・松島=秩父宮
  • 後半、トライを決めるサンウルブズのラファエレ=秩父宮
  • 後半、トライを決めるサンウルブズ・徳永(下)=秩父宮
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 海外ラグビー
  4. ブルース、足止まり敗戦 パーソンズ主将は「暑さは言い訳にできない」/SR