2017.6.14 19:15

19年W杯、室伏さんらが「ドリームサポーター」に

19年W杯、室伏さんらが「ドリームサポーター」に

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は14日、イベントなどで大会の周知を図る役割を担う「ドリームサポーター」として、04年アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治さん(42)や柔道女子で五輪2連覇の谷本歩実さん(35)ら6人を選んだと発表した。今後は各試合開催都市の特別サポーターも決める。

 他には元F1ドライバーの中嶋悟さん(64)やフィギュアスケート元五輪代表の織田信成さん(30)、サッカー解説者の松木安太郎さん(59)、バレーボールで元米国女子代表のヨーコ・ゼッターランドさん(48)。組織委の嶋津昭事務総長は同日開かれた理事会終了後「個性に合わせていろんな場所で活躍してもらいたい」と語った。

 また、嶋津事務総長は大会の試合日程と会場の割り振り決定時期について、9月中旬を目指すことを理事会で報告したと明らかにした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 19年W杯、室伏さんらが「ドリームサポーター」に