2017.5.31 12:00

【ラグビーコラム】熊本初のテストマッチで日本ラグビー協会が新コンセプトの入場券販売 くまモン缶バッジで観戦を!

【ラグビーコラム】

熊本初のテストマッチで日本ラグビー協会が新コンセプトの入場券販売 くまモン缶バッジで観戦を!

特集:
ノーサイドの精神
くまモンが描かれた特製缶バッジ

くまモンが描かれた特製缶バッジ【拡大】

 【ノーサイドの精神】ラグビーの日本代表メンバーが、5月29日に発表された。6月のテストマッチに向けた臨戦ムードが高まる中で、日本ラグビー協会は新しいコンセプトのチャリティー入場券を売り始めた。

 ルーマニア代表戦(10日)が行われる熊本市をはじめ熊本県一帯は、昨年4月の熊本地震で深刻な被害を受けた。いまも不自由な生活を強いられる県民は少なくない。日本協会では、過去の代表戦などでも募金を行うなどチャリティー活動を続けてきたが、新たに「熊本地震復興応援チケット」を発売した。

 従来の支援と大きく異なるのは、通常の入場券に500円を上乗せするシステムだ。上乗せ部分から経費を差し引いた額が、熊本城など文化財の修復を支援する団体に寄付される。熊本県のマスコットキャラクター・くまモンが描かれた特製缶バッジが特典だ。

 日本協会でチケット販売などを担当する職員は「試合を観戦する方も、熊本の支援にということで一体になるようなチケットを販売したかった」と新たな試みを説明する。高額な寄付ではなく、誰もが支援しやすい額として500円に設定している。

 協会職員は「ルーマニア戦を観戦していただいたお客さまの支援で2019年のW杯のときに、熊本城などの文化財がすこしでもよくなることに貢献できたらいい」と、1人でも多くのファンが応援チケットを購入して観戦することを願っている。

 ぜひ多くのファンに、特典のくまモン缶バッジをつけて観戦していただきたい。熊本初の記念すべきテストマッチ。日本代表とファン、そして熊本が復興のスクラムを組む。

吉田 宏(よしだ・ひろし)

「吉田 宏」イメージ画像元号が平成に変わった年に入社して、1995年ラグビーW杯後からサッカー、野球担当を挟みながら現担当。“軟式ラグビー(自称)”出身で、こちらも自称の江戸川キャップ2を誇る。99年W杯の報道陣による南北半球決戦・プレスマッチで、なぜか南半球の一員で世界制覇を果たして現役を引退してからは、書き手専門で楕円(だえん)球を追う毎日。

  • 13日に行われたアジア選手権の香港代表戦で後半、タックルを受けながらトライを決める日本WTBロトアヘア(右)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】熊本初のテストマッチで日本ラグビー協会が新コンセプトの入場券販売 くまモン缶バッジで観戦を!