2017.2.1 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】U-20日本代表HCに就任した遠藤哲氏は経験豊か…日本代表と戦略、戦術面でのコンセプトを共有を図れるか

【ラグビーコラム】

U-20日本代表HCに就任した遠藤哲氏は経験豊か…日本代表と戦略、戦術面でのコンセプトを共有を図れるか

特集:
ノーサイドの精神
U-20日本代表・遠藤哲ヘッドコーチ

U-20日本代表・遠藤哲ヘッドコーチ【拡大】

 【ノーサイドの精神】U-20(20歳以下)日本代表、ジュニア・ジャパンのヘッドコーチ(HC)にこのほど、遠藤哲氏(44)が就任した。

 U-20世代の最も大きな大会として、国際統括団体のワールドラグビーが主催して毎年行われる「ワールドラグビーU-20チャンピオンシップ」、その下のカテゴリーである「ワールドラグビーU-20トロフィー」がある。毎年1チームずつ、チャンピオンシップ最下位とトロフィー最上位が入れ替え。日本は昨年、チャンピオンシップから降格し、今年はトロフィーで戦う。

 ただ、頭の痛い問題が1つある。例年、トロフィーは6月に開催されていたが、今年は8月29日に開幕。選ばれた選手たちは、ちょうど大学の夏合宿、シーズン序盤にかかる大事な時期に所属チームを離れなければならなくなる。

 「そこは大学側としっかりコミュニケーションをとっていかないといけない。大会前に集合するときも、ほとんどの大学はオフ明け。帰国後も含めてコンディション面で不安がないようにしたい。それぞれのチームに『送り出してよかった』と思っていただけるように考えていきたい」

 そう話す遠藤氏はLOとして早大学院3年で高校日本代表、早大でも主力で活躍し、U-23(23歳以下)日本代表にもなった。卒業後はワールド、サニックス、リコーでプレー。ワールドでは1999~2001年、サニックスでは03~04年にそれぞれ主将も務めた。

 サニックス時代にジェイミー・ジョセフ現日本代表HCと一緒にプレーもしており、旧知の仲だ。指導歴もリコー、立大、関大などのシニアから、U-18、U-19日本代表の若年層まで幅広い。U-20日本代表には、かかわってから今年で6年目だ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】U-20日本代表HCに就任した遠藤哲氏は経験豊か…日本代表と戦略、戦術面でのコンセプトを共有を図れるか