2017.1.29 15:55

サントリー、4年ぶり7度目の日本一!パナソニックを15-10で撃破/日本選手権

サントリー、4年ぶり7度目の日本一!パナソニックを15-10で撃破/日本選手権

表彰式で笑顔を見せるサントリー・流大(左)、小野晃征(前列中央)、中づる隆彰(右から2人目)ら=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

表彰式で笑顔を見せるサントリー・流大(左)、小野晃征(前列中央)、中づる隆彰(右から2人目)ら=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 ラグビーの第54回日本選手権決勝は29日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、トップリーグ王者のサントリーが同3位・パナソニックを15-10で破り、4年ぶり7度目の日本一に輝いた。

 3-3で折り返した後半3分、パナソニックはサントリーゴール前で細かくつなぎ、インゴールに飛び込んだかに見えたがノックオン。サントリーは9、15分と小野がPGに成功し、9-3と差を広げた。直後のキックオフから16分、サントリーSH流大のキックをパナソニックWTB福岡堅樹がチャージ。追ったLOヒーナン ダニエルが左中間にトライを決め、山沢のゴールも成功してパナソニックが10-9と逆転した。

 しかし、サントリーは20分、小野が4本目のPGを決めて再逆転。25分にもPGを追加し、15-10とした。残り5分を切ってからのパナソニックの猛攻をしのいだサントリーが、頂点に立った。

試合結果へ

サントリー・沢木監督の話「最後に勝って終われるのが幸せ。思っていたような攻撃ができなかったが、これもラグビー。選手は自分たちの意志を持って、成長したいという思いを持ってハードにプレーしてきた」

サントリー・流主将の話「この日のためにきつい練習をしてきた。報われて良かった。サントリーは絶対にチャレンジャーであり続けるということをチームに言い続けてきた。失敗もしながら一戦一戦を戦ってきた。本当にうれしい」

パナソニック・ディーンズ監督の話「素晴らしい試合ができたのは良かった。大きな流れをつかめなかった。サントリーをノートライに抑えたのは素晴らしいが、もっと自分たちがトライを取らないといけなかった」

  • 優勝を決め喜びを爆発させるサントリーフィフティーンと胴上げされる沢木敬介監督=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • サントリーフィフティーンに胴上げされる流大主将=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • サントリーフィフティーンに胴上げされる流大主将(中央)=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合後、インタビューを受けるサントリー・沢木敬介監督=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. サントリー、4年ぶり7度目の日本一!パナソニックを15-10で撃破/日本選手権