2017.1.14 20:46

サントリーのWTB中づるがトライ王SO小野が得点王&最多PGタイ/TL

サントリーのWTB中づるがトライ王SO小野が得点王&最多PGタイ/TL

優勝して喜ぶサントリー・流大(9)ら=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)

優勝して喜ぶサントリー・流大(9)ら=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)【拡大】

 サントリーが神戸製鋼を27-15で下し、開幕15連勝で4季ぶり4度目の優勝を遂げた。シーズン全勝での覇権も、4季ぶり。21日に帝京大との準決勝で開幕する日本選手権でも、優勝を目指す。

 沢木敬介監督(41)が「試合前の練習から、選手はすこし緊張していた」と明かした通り、4季ぶりのV決戦に、開始13分までに0-8とリードを許した。」 だが、22分のFLツイ ヘンドリック(29)のトライで反撃を開始。前半終了直前には、WTB江見翔太(25)のトライで逆転すると、後半はサントリーペースに転じた。

 この日はトライなしに終わったWTB中づる(=雨かんむりに鶴)隆彰(26)が17トライでトライ王。SO小野晃征(29)が得点王(187点)、最多PGタイ(20回)と、個人タイトル争いでも上位を占めた。

 次週に開幕する日本選手権は、準決勝で大学王者・帝京大と対戦する。同大OBのSH流大主将(24)にとっては、2季前までチームメートだった後輩たちとの真剣勝負。先輩、TL王者の威厳をみせて圧倒して、TLとのシーズン2冠に王手をかける。

試合結果へ勝敗表へ

  • 前半、突進するサントリー・小野=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
  • トロフィーを手に笑顔のサントリー・流大(9・前列中央)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
  • 後半、一度倒されながらもすぐに起き上がりトライを決めるサントリー・松島=ノエビアスタジアム神戸(撮影・山下香)
  • 前半、強引な突進を見せるサントリー・真壁=ノエビアスタジアム神戸(撮影・山下香)
  • 前半、突進するサントリー・江見=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
  • 前半、突進するサントリー・ツイヘンドリック=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. トップリーグ
  4. サントリーのWTB中づるがトライ王SO小野が得点王&最多PGタイ/TL