2016.12.14 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】評価できるサンウルブズの来季メンバー SH田中とFB松島が加入を決断したワケ

【ラグビーコラム】

評価できるサンウルブズの来季メンバー SH田中とFB松島が加入を決断したワケ

特集:
ノーサイドの精神
アルゼンチン戦で突進する日本SH田中史朗

アルゼンチン戦で突進する日本SH田中史朗【拡大】

 世界最高峰のリーグともいわれるスーパーラグビー(SR)に、日本から参戦するサンウルブズの来季メンバーが12日に発表された。一部選手は交渉中のため暫定メンバーだが、日本代表の強化という側面からは、十分に評価できる顔ぶれとなった。

 発表されたメンバー36人中、今秋の日本代表に選ばれた選手は21人。昨秋のW杯、今春の代表メンバーを加えると、計27人が日本代表経験者だ。1年目にサンウルブズが立ち上げられた際は直前のW杯イングランド大会に出場したメンバーが10人だったことを考えれば、大幅に代表組が増えている。

 新加入選手の中でも注目されるのが、SH田中史朗(31)=パナソニック=だろう。今季まではニュージーランドの強豪ハイランダーズでプレー。来季も、フランスの強豪クラブが関心を示すなど海外でプレーする選択肢もあった。

 ところが、フランスのラグビーではSHがゲームメーカーとして大きな役割を担うため、言葉の問題は現在トゥーロンでプレーするFBの五郎丸歩以上に重要だ。同時に、すでに開幕しているフランス・リーグに日本のシーズン終了後に合流しても、出遅れ感は否めない。

 今季までプレーしたハイランダーズでも、ニュージーランド代表SHアーロン・スミスの控えとしてプレー時間は限定されていた。ラグビーの場合は高いレベルのチームに所属していても試合出場機会が少なければ、プレーに大きな障害となる。ボールを動かすために高い経験値が必要なSHなら、なおさらだ。

【続きを読む】

  • フィジー戦でトライを決めるFB松島
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】評価できるサンウルブズの来季メンバー SH田中とFB松島が加入を決断したワケ