2016.11.30 12:00(1/3ページ)

【ラグビーコラム】新しい日本代表の姿が見えた オールブラックス得意戦術を取り入れたジョセフ・ジャパン

【ラグビーコラム】

新しい日本代表の姿が見えた オールブラックス得意戦術を取り入れたジョセフ・ジャパン

特集:
ノーサイドの精神
ウェールズ戦でトライを奪った日本WTB福岡

ウェールズ戦でトライを奪った日本WTB福岡【拡大】

 【ノーサイドの精神】

 日本代表が、28日に欧州遠征を終えて帰国した。ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC、46)が就任して初の海外遠征は1勝2敗。初陣となった遠征前のアルゼンチン代表戦も含めて1勝3敗に終わったものの、3年後に迫るW杯日本大会に向け、確かな一歩を踏み出した。

 11月5日に行われたアルゼンチン戦に20-54と大敗を喫したが、密集サイドを簡単に突破されるなど、わずか1週間の準備による影響は明らかだった。その1週間後のジョージア代表戦ではアルゼンチンにも劣らないパワフルなFWを相手に、重圧を受けながらも粘り強い防御で応戦。28-22で競り勝った。

 奪った4トライすべてをBKスリー(WTB、FB)でマークしたアタックは見事だった。

 昨秋のW杯イングランド大会まで指揮を執ったエディー・ジョーンズHCも、日本のスピードを生かしたアタッキングラグビーを標榜(ひょうぼう)。W杯でも優勝候補の南アフリカを倒すなど、大会3勝と歴史的な結果を残した。

 エディー・ジャパンの攻撃はポゼッション(ボール保持)を徹底し、パスでボールをつなぎ続けるのが特徴だった。これに対し、ジョセフHCがみせたアタックは日本伝統のボールをワイドに動かすラグビーに、積極的にキックを使うもの。左右の揺さぶりに加えて前後にも相手を動かし、最後はWTB、FBが仕留めるラグビーだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】新しい日本代表の姿が見えた オールブラックス得意戦術を取り入れたジョセフ・ジャパン