2016.9.23 05:01

帝京大、変則試合惜敗もTL王者パナソニック苦しめた

帝京大、変則試合惜敗もTL王者パナソニック苦しめた

 ラグビー・オープン戦(22日、帝京大グラウンドほか)帝京大はトップリーグ(TL)3連覇中のパナソニックと練習試合を行った。30分×3セットの変則試合は14-10と惜敗したが、1軍メンバーが出場した第1、3セットのスコアでは5-0の勝利。今春日本代表入りしたSO松田力也(4年)は「課題も多かったが、選手個々には思い切りプレーしていた」とタックル、スクラムでTL王者を苦しめた内容を評価した。 (日野市)

昨季の帝京大主将で、パナソニックのHOとして母校と対戦した坂手淳史「(帝京大は)春はスクラムが課題と聞いたが、よく8人で組んでいる。熱さや激しさもあるいいチームになってきた」

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 帝京大、変則試合惜敗もTL王者パナソニック苦しめた