2015.2.9 05:01

高橋真弓さん、日本選手権初の女性審判務めた!/日本選手権

線審を務めた高橋真弓さん

線審を務めた高橋真弓さん【拡大】

 日本選手権1回戦(8日、筑波大7-62サントリー、秩父宮)サントリー-筑波大で、日本選手権で初めて女性がアシスタントレフェリー(AR=タッチジャッジ)を務めた。関東協会公認の高橋真弓さん(28)で、元7人制、15人制の女子日本代表。日体大卒業後、負傷でレフェリーを志し、大学選手権でのARや海外の女子大会でのレフェリー経験もある。「レフェリーのサポートを全うしようと努めました」という高橋さんの目標は、2020年東京五輪で笛を吹くことだ。

(紙面から)