ジョセフJには「いい組み合わせ」と思える活躍を 2019年W杯全日程決定

ラグビーコラム
11月2日に日程発表され、フォトセッションにおさまる(左から)日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ、リーチ・マイケル主将

 【ノーサイドの精神】2019年W杯日本大会の全日程が決まった。1次リーグA組の日本は開幕日の9月20日に東京・味の素スタジアムで欧州予選勝者と初戦を迎え、28日に静岡スタジアムでアイルランドと第2戦。第3戦は10月5日、欧州とオセアニアのプレーオフ勝者と愛知・豊田スタジアムで対戦。1次リーグ最終戦は13日に横浜市の日産スタジアムでスコットランドと当たることになった。

 基本的には「いい組み合わせ」と評する人は多いだろう。日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチも、FLリーチ・マイケル主将も、おおむねそういう見方だった。

 欧州予選勝者は今のところ、ルーマニアとなる可能性が高い。プレーオフは欧州予選2位とオセアニア3位のサモアが対戦するが、実力的に見てサモアが勝ち上がるとみられる。日本が対戦する4チームの中でルーマニアは唯一、日本が勝ち越しているチームで、最近では4連勝中。最もくみしやすい相手といえる。

 中7日で2戦目はA組で実力最上位のアイルランド(相手は中5日)。3戦目で予想されるサモアには15年大会でも勝っているが、欧州の強豪相手にもたびたびアップセットを繰り返してきたパワフルさは要注意だ。ただし日本は中6日で、サモアは中4日となる。

 最後のスコットランドには前回W杯で日本が中3日で対戦し、唯一の黒星を喫した。今度は日本が中7日なのに対し、スコットランドは中3日と、3戦の激闘を繰り広げてきた後としては厳しい日程となった。

 「日本の一発目にはアイルランドかスコットランドを当てて、盛り上げてもよかったんじゃないか」という声も、ちまたではあった。W杯は国際統括団体の「ワールドラグビー」が100%出資する専門会社「ラグビーワールドカップリミテッド」(RWCL)が運営、管理している。W杯も事業であり、収益をあげなければならない。「日本が初戦に負けて、大会の盛り上がりがしぼむことを、RWCLが危惧したのでは」という声も聞こえてきたが、そんなうがった見方を一掃する活躍をジョセフ・ジャパンに果たしてもらい、「いい組み合わせだった」と思えれば一番いい。

田中 浩(たなか・ひろし)

1983年入社。ラグビーブーム全盛期に担当を約10年、その後デジタルメディア、ボクシング担当、アマ野球担当などを経て2008年から運動部一般スポーツ担当デスクを務め、14年秋に二十数年ぶりにラグビー取材の現場に復帰した。秩父宮ラグビー場でトライ(高校都大会決勝)と東京ドームでヒット(スポーツ紙対抗野球)の両方を経験したのがプチ自慢の56歳。

Read more