主力選手はジョセフHCの兼任を歓迎 バックスの松島「コミュニケーション取りやすくなる」

 
日本代表戦に向けた候補選手の合宿で指示を出すジョセフ・ヘッドコーチ=東京都内

 10月末に始まるラグビーの日本代表戦に向けた候補選手による合宿が2日、東京都内で行われ、午前と午後にそれぞれ約2時間、戦術に合わせたメニューに取り組んだ。ジョセフ・ヘッドコーチは「トップリーグ(TL)でのプレーをチェックし、新しいメンバーも入った。いい合宿ができた」と満足そうに話した。

 ジョセフ氏の日本代表とサンウルブズのHC兼任を、代表主力が歓迎した。SH田中(パナソニック)は「(代表強化につながる)練習時間が増える。代表の話もサンウルブズでできる」と話し、バックスの松島(サントリー)は「コミュニケーションが取りやすくなる」と語った。

 ジョセフ氏はハイランダーズ(ニュージーランド)を率いてSRを制した経歴を持つ。2季ぶりにサンウルブズに復帰するWTB山田(パナソニック)は「優勝経験のあるコーチとやれる喜びが強い」と手腕に期待した。

Read more