明大、「男の中の男」前田で勝つ!10・1序盤のヤマ筑波大戦/関東対抗戦

 
ボール争奪で体を張り続ける前田(中央下)は、明大になくてはならない存在だ

 関東大学ラグビー対抗戦の強豪・明大は10月1日、序盤のヤマとなる筑波大戦(秩父宮)を迎える。密集戦で強みを発揮する筑波大を相手に腕をぶすのがFL前田剛(4年)だ。

 「試合の入りの部分では、フィジカルで圧倒していきたい。ブレークダウン(タックル後のボール争奪)で負けるわけにはいきません」

 前田も密集戦での激しさはひけをとらない。男くささが売りの明大の中でも「男の中の男」と評され、27日の八幡山グラウンドでの練習でも、チームを鼓舞する前田の大声が何度も響いた。

 下級生のころ課題だった運動量が今では武器。練習着の背番号は自ら望んで「55」をつけた。名前の「剛」、チームを前進させる「GO!」。重戦車のエンジンとして80分間、体を張り続ける。 (田中浩)

Read more