ニュース

2017.7.17 18:28

大阪でパラ選手発掘イベント 競技転向目指す30人が参加

大阪でパラ選手発掘イベント 競技転向目指す30人が参加

特集:
リオ五輪2016

 日本パラリンピック委員会(JPC)は17日、大阪市で、競技を転向して2020年東京パラリンピックを目指す選手を発掘するイベントを開催し、障害がある30人が参加した。

 体力測定のあと、陸上やパラサイクリングなど各競技団体が設けたスペースで説明を受け、競技を体験するなどした。陸上からの競技転向を考えて参加した両足が義足の兵庫県西宮市の片岡勇人さん(28)は「陸上は厳しいので、他の競技でパラリンピックに出たい。ローイングが面白そう」と意欲的に話した。

  1. サンスポ
  2. リオ五輪2016
  3. ニュース
  4. 大阪でパラ選手発掘イベント 競技転向目指す30人が参加