パラリンピック

2018.3.20 14:46

アルペン村岡ら日本選手団が文科相に帰国報告/パラ大会

平昌冬季パラリンピックからの帰国を報告する新田佳浩選手(右)と成田緑夢選手=文科省

平昌冬季パラリンピックからの帰国を報告する新田佳浩選手(右)と成田緑夢選手=文科省【拡大】

 平昌冬季パラリンピックで10個のメダルを獲得した日本選手団の大日方邦子団長やメダリストが20日、文部科学相を訪問し、帰国の報告を行った。

 冬季大会で日本選手最多の5個のメダルを獲得したアルペンスキー女子の村岡桃佳選手(早稲田大)のほか、男子の森井大輝選手(トヨタ自動車)、ノルディックスキー距離の新田佳浩選手(日立ソリューションズ)、スノーボードの成田緑夢選手(近畿医療専門学校)が出席し、成績報告などを行った。

今、あなたにオススメ
Recommended by