パラリンピック

2018.3.18 16:13

IPC会長、「継続的に関心を寄せてくれることを願う」と期待/パラ大会

 国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長は18日、平昌で記者会見し、韓国で初の冬季パラリンピックを「驚くべき素晴らしい大会だった」と総括した上で、「冬のスポーツに継続的に関心を寄せてくれることを願う」と期待した。

 同会長は「障害の有無、宗教、人種、性別などに関係なく、全員に同じ機会を与える社会が、今大会を機に目指すべき共生社会」と強調。中国が冬季大会初の金メダルに輝いた車いすカーリング決勝や、パラアイスホッケーの3位決定戦で韓国が銅メダルを獲得した試合を「今大会の名場面。情熱が一つになった」と振り返った。

 大会組織委員会の李煕範会長は「大会が障害者への意識と理解を高めるために大きな役割を果たした。韓国全土にパラスポーツを広めたい」と、普及拡大に力を注ぐ考えを示した。(共同)