パラリンピック

2018.3.17 21:37

出来島、上位進出ならずも満足感「最初から最後まで走り切れた大会」/パラ大会

女子7・5キロクラシカル立位 ゴールする出来島桃子。12位だった=平昌(共同)

女子7・5キロクラシカル立位 ゴールする出来島桃子。12位だった=平昌(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピック第9日(17日)ノルディックスキー距離女子立位の出来島は個人種目で今大会最後の7・5キロクラシカルを12位で終えた。上位進出はかなわなかったが、「練習してきたことが出し切れたらいいなと思って臨んだ。最初から最後まで走り切れた大会」と振り返った。

 前回ソチ大会を終えて「辞めてもいいけど何かすっきりしない」という気持ちになり、43歳で4度目の出場。闘志を内に秘め、ここまで5種目で力を尽くしてきた。今後について聞かれると、「ゆっくり考えたい」と話した。(共同)

平昌特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by