パラリンピック

2018.3.17 13:10

出来島桃子「最初から最後までしっかり走れた」/パラ大会

女子7・5キロクラシカル立位 ゴールする出来島桃子。12位だった=平昌(共同)

女子7・5キロクラシカル立位 ゴールする出来島桃子。12位だった=平昌(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピック第9日(17日)ノルディックスキー距離はクラシカル走法のレースを実施し、男子10キロ立位で新田佳浩(日立ソリューションズ)が金メダルを獲得した。スプリント・クラシカルの「銀」に続く表彰台で、2冠を果たした2010年バンクーバー大会に続いて自身3個目の金メダルとなった。日本が今大会で獲得したメダルは9個。

 川除大輝(日立ソリューションズJSC)は10位、佐藤圭一(エイベックス)は11位。視覚障害の高村和人(盛岡視覚支援学校教)は11位だった。女子7・5キロ立位の出来島桃子(新発田市役所)は12位、阿部友里香(日立ソリューションズJSC)は13位。

 アルペンスキー男子は最後の種目となる回転の1回目が行われ、座位で滑降銀メダルの森井大輝(トヨタ自動車)が5位だった。2連覇を狙った鈴木猛史(KYB)は転倒し、狩野亮(マルハン)夏目堅司(RDS)とともに途中棄権した。(共同)

阿部友里香の話「たくさん応援してもらったのに、期待に応えられなかった。力を全部出せなかった」

出来島桃子の話「練習でやってきたことを出し切れればいいなと思って臨んだ。最初から最後までしっかり走れた大会だった」

狩野亮の話「4年前、8年前と比べ勢力図が変わっている。若手に勢いがあり、世界各国のレベルが上がった。ここで立て直さないと、置いていかれてしまう」

鈴木猛史の話「(転倒は)旗門にアウトリガーが引っかかった。このままでは終われない。もう一度、最強のジャパン時代を築こうと話している」

夏目堅司の話「全く歯が立たなかった。日本男子は厳しい状況だ。これから4年間、いろいろ考えて上位に居続けられるようにしなければいけない」

川除大輝の話「(個人種目が)最後だからしっかり滑り切ろうと思って臨んだ。最初は結構いい感じでいけたが、中盤ちょっと落ちてしまった。もっと体を動かせればもっといい順位にいけたかな」

佐藤圭一の話「初めから全開でいった。自分の力を出し切ることはできた。いい締めくくりになった」

高村和人の話「見えない中で滑るのはとても怖いこと。100パーセント(藤田ガイドスキーヤーの)声を信じてレースに集中できたのでありがとうと言いたい。最後までしっかりやり切れた」

岩本啓吾の話「自分の今の力は出せた。2周目から雪面が緩んできて難しかったが、最後まで走りきれてよかった」

平昌特集へ

  • 女子7・5キロクラシカル立位力走する阿部友里香=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位ゴールする佐藤圭一。11位だった=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位ゴールに向かって力走する岩本啓吾=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位力走する川除大輝=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位力走する岩本啓吾=平昌(共同)
  • 男子回転立位高橋幸平の1回目の滑走=平昌(共同)
  • スキー距離男子10キロクラシカル立位で、ゴールしガッツポーズする新田佳浩。金メダルを獲得した=17日、韓国・平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位のセレモニーで名前を呼ばれ歓声に応える新田佳浩=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル視覚障害力走する高村和人。左はガイドスキーヤーの藤田佑平=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位力走する佐藤圭一=平昌(共同)
  • 男子回転立位小池岳太の1回目の滑走=平昌(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by