パラリンピック

2018.3.17 11:24

新田佳、距離10キロで「金」!「頑張ってきてよかった」/パラ大会

スキー距離男子10キロクラシカル立位で、ゴールしガッツポーズする新田佳浩。金メダルを獲得した=17日、韓国・平昌(共同)

スキー距離男子10キロクラシカル立位で、ゴールしガッツポーズする新田佳浩。金メダルを獲得した=17日、韓国・平昌(共同)【拡大】

 平昌冬季パラリンピックは第9日の17日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で新田佳浩(37)=日立ソリューションズ=が金メダルを獲得した。2010年バンクーバー大会でこの種目を含めて2個の「金」を手にしており、自身3個目の金メダルとなった。今大会では14日に行われたスプリント・クラシカルの「銀」に続く2個目のメダル。

 今大会の日本勢の「金」は、アルペンスキー女子大回転座位の村岡桃佳(21)=早稲田大、スノーボード男子バンクドスラローム下肢障害の成田緑夢(24)=近畿医療専門学校=に続く3個目。メダル数は9となった。

 アルペンスキーは男子回転が行われ、座位には前回ソチ大会に続く2連覇を狙う鈴木猛史(29)=KYB=や、滑降銀メダリストで悲願の金メダル獲得を目指す森井大輝(37)=トヨタ自動車=らが出場した。(共同)

新田佳浩の話「うれしい。自分自身に負けないためにこの4年間、やってきた。頑張ってきてよかった」

荒井秀樹監督の話「完璧なレースだった。1周目はきつかったが、我慢できた。最後は(スキーの)ワックスがぴったり合うと信じてしっかり走ってくれた。本当によかった」

平昌特集へ

  • 力走する新田佳浩=韓国・アルペンシア・バイアスロンセンター(撮影・桐原正道)
  • 男子10キロクラシカル立位力走する川除大輝=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位力走する岩本啓吾=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル立位力走する佐藤圭一=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル視覚障害力走する高村和人。左はガイドスキーヤーの藤田佑平=平昌(共同)
  • 男子10キロクラシカル視覚障害、力走する高村和人(右)=平昌(共同)
  • 男子回転立位高橋幸平の1回目の滑走=平昌(共同)
  • 男子回転立位小池岳太の1回目の滑走=平昌(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by