フィギュア

2018.2.27 15:02

羽生、4回転半アクセルの難しさは「2回転しながら縄跳びの4重飛びをする感じ」/フィギュア

特集:
羽生結弦
外国特派員協会で会見の冒頭、金メダルを見せる羽生結弦=東京・有楽町(撮影・飯田英男)

外国特派員協会で会見の冒頭、金メダルを見せる羽生結弦=東京・有楽町(撮影・飯田英男)【拡大】

 平昌五輪に出場し、フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦(23)=ANA=が27日、東京の外国特派員協会で記者会見を行った。

 質疑応答で、羽生が次に挑戦したいと語っているクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の難しさについて、「出産の痛みは鼻からスイカを出すようなもの」というような例え話で一般の人にも分かるように説明してほしいと言われ、言葉に詰まった。「ええ~、はじめてこういう質問が来ました」と悩む表情を見せつつ「目をつぶって、回転しながら三重跳びをやっているような感じです。縄跳びの」と語ったが、直後にうなだれて頭を机につけた。顔をあげ、「…ダメだ…」とつぶやきながらも「4回転半は、2回転しながら4重飛びをする感じ。5回転は、3回転しながら5重飛びをするような感じです」と縄跳びの例えで4回転アクセル、そして5回転の難しさを紹介した。

 羽生は質疑応答に入る前に、司会者との対談で、クワッドアクセルの難しさについて説明を求められていた。羽生はアクセル以外の5種類のジャンプは後ろ向き側に滑りながらジャンプするのに対して、アクセルは進行方向を向いた状態から飛ばなければいけないことを説明。「まだ誰も試合で成功させたことはないですし、実際に4回転半の練習をしている人は少ないと思います。そのなかで、なんとか初めの1人になれなくても、自分の夢である4回転半アクセルをなんとか成功させたいなという気持ちでいます」と語った。

平昌五輪特集へ

  • 外国特派員協会で会見を終えた羽生結弦=東京・有楽町(撮影・飯田英男)
  • 外国特派員協会で帰国会見に臨む羽生結弦。記者の質問に困った表情も=東京・有楽町(撮影・飯田英男)
  • 外国特派員協会で帰国会見に臨む羽生結弦=東京・有楽町(撮影・飯田英男)
今、あなたにオススメ
Recommended by