フィギュア

2018.2.18 05:01

京都・晴明神社、羽生の金メダル獲得で「金」張り紙掲出/フィギュア

特集:
羽生結弦
羽生結弦の金メダルを祝福する張り紙が出された清明神社=京都市上京区

羽生結弦の金メダルを祝福する張り紙が出された清明神社=京都市上京区【拡大】

 平昌五輪第9日(17日、江陵アイスアリーナ)ゆづ、おめでとう!平昌五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の羽生結弦(23)に列島が揺れた。

 フリープログラム曲「SEIMEI」と縁の深い陰陽師、安倍晴明を祭る京都市の晴明神社。山口琢也宮司(57)は公式サイトにコメントを寄せ、「昨年、参拝のおり書かれた絵馬に『思い描いた演技ができますように、そして、私の演技がきっかけで、皆さんに幸せがおとずれますように』とありました。約束を果たして頂き、私もたいへん感動をいたしました」と祝福。また、金メダルが確定した瞬間、「祝 金メダル 羽生結弦選手」と書かれた張り紙が境内に掲出された。

 この日、京都市内でPVを見てから“お礼参り”の絵馬を奉納した同市在住の20代OLは「金メダルを取った瞬間、急いで神社に来ました。ここに3回願掛けに来たので、五輪連覇の願いがかなってうれしい」と声をはずませた。

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 羽生結弦への思いがしたためられた絵馬
今、あなたにオススメ
Recommended by