スケルトン

2018.2.15 17:38

地元韓国の実力者が首位「重圧感じなかった」/スケルトン

 平昌五輪第7日(15日、五輪スライディングセンター)30人が出場した男子は前半2回戦を終え、世界ランキング1位で今季ワールドカップ(W杯)5勝の尹誠彬(韓国)が2回戦とも最速タイムを記録し、1分40秒35で1位だった。

 スケルトン男子は地元韓国の優勝候補、尹誠彬が前半2回戦で首位に立った。爆発的なスプリント力を見せ、スタートタイムは2本ともトップ。国旗が揺れる中を疾走し、合計タイムで2位に0秒74差とした。

 今季のW杯総合1位の実力者は「重圧は感じなかった。五輪を楽しもうと思っていた」と平然とした表情だ。「わずかなミスで順位が変わるので、気を付けたい」と油断はなかった。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by